TOP > 文化遺産一覧 > 旧梅田家住宅(おさごえ民家園)

旧梅田家住宅(おさごえ民家園)

旧梅田家住宅(きゅううめだけじゅうたく)は、福井市浄教寺町に所在した住宅で、梅田家は百姓のかたわら漆掻きの頭として、遠く関東にまで出かけて財を蓄えた豪農でした。住宅が建てられたのは古文書から江戸時代の天保から弘化年間(1830~47年)のことであったと考えられます。茅葺の入母屋造りで、住宅の前半部においえ(台所)、にわ(土間)が一体となった空間が並列に配され、後半部に納戸・おまえ・座敷・仏間を田の字形に配する福井県嶺北地方に分布する民家形式の典型的なものです。

    福井市指定文化財(平成元年12月16日指定)

  • 管理団体

    福井市

  • 所在地

    福井市月見五丁目おさごえ民家園

  • 種別

    建造物

MAP
旧梅田家住宅の写真1 旧梅田家住宅の写真2

MAP

文化遺産分布MAP
文化遺産分布MAP